プロペシア,フィンペシア,偽物,通販サイト

プロペシアの安全な即日通販はこちら

フィンペシアはプロペシアと何が違うの?

フィンペシア,プロペシア

 

男の救世主であるプロペシアのジェネリックの医薬品の中でもオススメなのが、
フィンペシア】です。
その価格の安さからフィンペシアこそ全男性の救世主だと言っても過言ではありません。
プロペシアとフィンペシアは同じ有効成分の【フィナステリド】を含有しているAGA治療薬です。

 

それではフィンペシアがプロペシアと何が違うのかを改めてご説明し、フィンペシアを推奨していきます。

 

 

 

プロペシアとは価格が違う!

フィンペシア,プロペシア

 

フィンペシアはプロペシアとは価格が全くと言っていいほど違います。

 

個人輸入サイトを調べてみていただければわかると思いますが、フィンペシアは一箱100錠入りで、2,000円くらいです。
※価格の変動は多少あります。

 

そしてプロペシアは一箱28錠入りで、5,500円くらいです。
ちなみに病院で処方される場合はもっと高くなり8000円ほどします。

 

10倍くらい価格の差がありますので、継続して使用するものなので、安いに越した事はありません。

 

成分が同じものが価格差を生むのはジェネリックならではでありますが、プロペシアがアメリカの会社が製造販売しているのに対し、フィンペシアはインドの会社が製造しているので、製造工程での人件費などが大幅に安いインドならではの価格設定である事が言えます。

 

フィンペシアは同じ成分で、同じ効果だという信頼性も出てきていますので、フィンペシアを購入する方の増えている現状になっています。

 

プロペシアを安く安全に通販するならコチラ

 

 

プロペシアとは製造国が違う!

フィンペシア,プロペシア

 

そもそもの大きな違いはやはり製造国というのが重要な要素だと考えられます。

 

プロペシアはアメリカのメルク社という会社が製造販売しています。
それに対して、フィンペシアはインドのシプラ社が製造販売しています。

 

どちらも薬の海外輸出をしている大きな会社なのは同じですが、やはりみなさんはインドの会社って本当に大丈夫なの?と不安になる方が正直多いと思います。

 

日本でもまだ厚生労働省からの認可が下りていなく、信頼性という部分では元祖プロペシアに負けるのは仕方ありません。

 

インドのシプラ社とはどのような会社か、製造している薬はインド国内だけではなく、ヨーロッパ、南米、アフリカ、アジアと、世界的に輸出されています。

 

各国々の厳しい審査がある中、その事から偽物や効果の疑いがある薬を販売している会社ではないという事がわかるはずです。

 

インドはジェネリック大国と呼ばれる製薬会社です。そんな国の大きな会社でありますので、そこまで心配する必要はないと思われます。

 

 

 

フィンペシアとプロペシアは何が違うの?

フィンペシア,プロペシア

 

AGA治療において、【プロペシア】にしようか、ジェネリック薬の【フィンペシア】にしようか迷っている方が多いという話をよく聞きますので、続けさせていただきます。

 

信頼性のプロペシアか、安さのフィンペシアかといった所です。

 

 

こういうのは一長一短ではあったりしますので、
購入を検討している方はよく把握して、納得のいく選択をしてみてください。

 

 

プロペシアとはコーティング剤が違った!

フィンペシア,プロペシア

 

プロペシアとフィンペシアの違いで、コーティング剤が違う件がありました。
女性、子供に悪影響がある成分を含んでいますので、コーティングは必須です。

 

二つとも錠剤タイプですが、フィンペシアはコーティング剤に【キノリンイエロー】と呼ばれるもので、これが【発ガン性】のあるコーティング剤が用いられているとの事で一時期的に話題になりました。

 

ただキノリンイエローはタール系の色素で、ソーセージなどの着色料にもよく使用されているものなので、錠剤程度のものであればより問題はないと思われます。

 

ただ、当然ない方がよいモノではありましたので、
2014年以降に販売されているフィンペシアにキノリンイエローは使用されていません。

 

発がん性物質が含まれているという噂が立ってしまうとその影響は怖いもので、
その件でキノリンイエロー不使用の他のジェネリック薬に売り上げを取られてしまっていた時期もあるようです。

 

しかしフィンペシアもキノリンイエローを不使用にしてからまた売り上げを取り戻したと言われています。

 

しっかりと知識を持っていれば、この発がん性物質は昔から日常の食事でよく摂取しているものだったりするので、問題はないという事はわかると思うのですが、
こういう噂というのは商売には多大な影響を及ぼすものだという事がよくわかります。

 

 

現在、フィンペシアは、【旧タイプ】と【新タイプ(キノリンイエローフリー)】の2種類が売られています。

 

 

 

まとめ

フィンペシア,プロペシア

 

フィンペシアとプロペシアではいくつか違いがあります、
価格と信頼性、どちらを取るか、という事が大きな違いだと言えると思います。

 

プロペシアの方が高価格ではありますが、その分、長年、膨大な資金と人間を次ぎこんでの臨床試験を行っており、
どの程度の効果が出ているのかをMSD社が発表していますし、日本国内でも処方が認められていて、日本語の説明書も物もあります。
その信頼というのは揺るがない部分ではあります。

 

それに対してフィンペシアは日本での使用許可が得られていない為、購入方法は海外から取り寄せる以外ないです。
そうなると購入も困難、説明書も英文です。
購入するだけでも安全面、トラブルの心配がのしかかります。
高いお金を払っても、プロペシアが良いというのが当然の結果かもしれません。

 

しかし今は個人輸入代行で安心、安全に購入できる時代なので、
非常に迷ってしまうかもしれませんね。

 

フィンペシア,プロペシア

 

私個人的には安心の個人輸入サイトで購入しているので、
サイトを見つけてからはプロペシアユーザーから、
断然フィンペシアユーザーにになりました。

 

これまで何もトラブルもなく安価でAGA治療の効果も得られていますので。

 

みなさんもご自身でいろいろ把握した上で、納得のいく選択をしていただき、よりよいAGA治療をしていただければと思います。

 

プロペシアを安く安全に通販するならコチラ