プロペシア,フィンペシア,偽物,通販サイト

プロペシアの安全な即日通販はこちら

プロペシアとミノキシジルの併用

プロペシア,ミノキシジル

 

AGA治療としてよく耳にするのがプロペシアと【ミノキシジル】の二つです。

 

この二つは別の薬なのですが、この二つの併用が最強だというのをネットの書き込みなどでもよく見ます。

 

片一方だけでも強力だと言われているのですが、この二つで発毛、育毛のダブル作用で生えない毛はない!とまで言われています。

 

もちろん個人差はありますがどういう事なのか解説させていただきますね。

 

まず併用できる?ミノキシジルとプロペシアと疑問もまだ多いようです。

 

ミノキシジルとは?

プロペシア,ミノキシジル

 

ミノキシジルはAGA治療にとても高い効果があり、日本皮膚科学会でのAGA治療の推奨度も【最高のAランク】なのです。

 

しかし、その一方でミノキシジルとは併用できない薬というのも多くあります。

 

一例を出しますと、高血圧の治療薬を服用してる方は、血圧の下がり過ぎが生じてします危険性があり、他にも、がん治療、心臓疾患で治療薬を服用してる方などは併用ができないものとなっています。

 

ミノキシジルの薄毛への効果として、血管拡張を促し、血流を良くして毛母細胞の活性化の効果があるのです。

 

薄毛原因には血行の良し悪しだけではなくて、男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が関わっています。

 

DHTは5-αリダクターゼという酵素の働きで生成されるのですが、ミノキシジルの効果には、この5-αリダクターゼの働きを抑制する効能はないです。

 

なので薄毛原因としてDHTの作用が原因なのが強いという方には、ミノキシジルでは改善は見られないとされています。

 

プロペシア,ミノキシジル

 

そこで、その5-αリダクターゼの働きの抑制効果がある薬剤として、プロペシアがあるのです。

 

プロペシアも日本皮膚科学会の推奨度ではAランクの評価を受けており、Aランク同士の『ミノキシジルとプロペシアは併用が可能なのか?』という質問が多くありますが、これに関しては、OK、どころか、病院でも推奨している併用の効果が絶大な組み合わせと言っても過言ではないのです。

 

ちなみにプロペシアのみの服用の方が多いのですが、プロペシアは脱毛を抑え、長期的に正常なヘアサイクルに戻してくれる間接的な治療薬になりますが、ミノキシジルは血行促進による毛母細胞を活性化を促してくれるので、直接効果があります。

 

この異なった効果のある二つを組み合わせる事で効果が倍増すると考えられ、クリニックや病院でも処方されている併用なのです。

 

併用での副作用は重くならない?

プロペシア,ミノキシジル

 

ミノキシジルとプロペシアの併用は問題ないのがわかっていますが、それじゃあ併用したら副作用が強く出てしまうのではないか?という事が心配される方も多いのではないでしょうか。

 

もちろんAGA治療に非常に効果の強い二つの薬なので、副作用ももちろんあります。

 

しかしミノキシジルとプロペシアはそもそもの効果、効能が違うため、副作用が異なるのです。

 

副作用が強くなってしまうという現象は、同じ効果のものが重なって、強くなりすぎる時に起こるものです、併用禁止薬というのはそのために指定されるものなので。

 

よってミノキシジルとプロペシアの併用で副作用がひどくなってしまう事はないです、もちろんそれぞれの副作用が同時に出れば、重めに感じる事はある可能性はありますが、飲み合わせには問題ないです。

 

プロペシアにはほぼ他の薬との併用が可能な薬なのですが、ミノキシジルに関しては血管に作用するものなので、併用が禁止されているものが多くなりますので、しっかりと把握しておくことが重要です。