プロペシア,フィンペシア,偽物,通販サイト

プロペシアの安全な即日通販はこちら

プロペシアジェネリック

フィンペシア,プロペシア,ジェネリック

 

LPプロペシアのジェネリックって何があるの?

 

プロペシアのジェネリックならどれが良いの?

 

プロペシアの購入を考えているけど、もしくはプロペシアは辞めたくないけど、金銭面が。。

 

という男性がとても多いという声をよく耳にします。

 

そこでプロペシアのジェネリック薬がたくさん発売されています。

 

同じ成分で、値段が安いので高いお薬に関してはそちらも検討してる方も多いと思われます。

 

しかし、そもそもプロペシアジェネリックで効果は大丈夫なの?副作用は大丈夫なの?
と不安になる方もいらっしゃると思います。

 

そもそもジェネリックって何?

フィンペシア,プロペシア,ジェネリック

 

それではまず、ジェネリックがわからない方も為にジェネリックとは何かをご説明させていただきます。

 

まず、製薬会社が新しい薬を開発するとなると、その開発費に莫大なお金と長い期間を要します。

 

その効果と安全性を確認するために、臨床試験に多くの人件費と期間を要します。
10年以上かかるものです。

 

ですので、製薬会社は新薬の特許を取得する事でその投資金を回収するのが一般的です。
特許を取得するというのは真似されないようにです。

 

ジェネリックとは、新薬が特許期間の満了後、他の会社が同様の有効成分と効果で製造、そして販売する事を言います。

 

元の薬を新薬、または先発医薬品と呼び、ジェネリック薬を後発医薬品とも呼びます。

 

新薬とジェネリック薬の違いって何?

フィンペシア,プロペシア,ジェネリック
ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が切れた後、同じ有効成分を使って製造されます。

 

実は、有効成分だけでなく、薬のコーティング剤など、製造方法や錠剤、カプセルなど薬の形状に関する製剤方法であっても特許がある場合があるのです。

 

こういった形状、製造方法の特許が終わっていない場合は、同じ有効成分で作れても、それ以外の部分、特許がある形状、コーティング剤等は使えない為、新薬と全く同じ薬は作れない決まりになっています。

 

それによって、ジェネリックと新薬で、有効成分の吸収率、有効成分の分解された状態が違う場合があるという事なので、効き目に若干の違いが生じる場合もあるようです。

 

プロペシアのジェネリックって何があるの?

フィンペシア,プロペシア,ジェネリック

プロペシアのジェネリックは、インドの製薬会社のものが多いです。

 

インドという国は薬の特許が成立していないからです。

 

理由は簡単に言うと貧富の差が激しい地域ゆえに容認されている状況なのです。

 

プロペシアの特許は切れていなので、定義的にジェネリックというのは違うかもしれませんが、広義でジェネリックとして、一般流通市場では扱われているの物としまして、商品名が【フィンペシア】、【エフペシア】、【フィナロ】、【フィナバルド】、【ハリフィン】等、いくつか発売されております。

 

そしてここ何年かで、日本国内でも発売されています。

 

厚労省から製造販売の承認を得た上での日本製のプロペシアのジェネリックになります。

 

商品名が【ファイザー】、【トーワ】、【サワイ】です。

 

 

ジェネリックのメリット
→圧倒的な価格の安さです。

 

ジェネリックのデメリット
→形状、製造方法が全く同じでない為、効果も全く同じとは言い切れない可能性があります。
粗悪な製造方法、材料で作って発売している製薬会社がいないとは限らないです。

 

これらを踏まえた上でプロペシアを選ぶのか、ジェネリックを選ぶのかを決めていただくとよいでしょう。