プロペシア,フィンペシア,偽物,通販サイト

プロペシアの安全な即日通販はこちら

プロペシアの効果

フィンペシア,プロペシア,効果

 

LPプロペシアの効果ってどんな風に現れるの?

 

抜け毛が増えてしまい、薄毛が目立つようになってしまうのにはヘアサイクルの乱れがあります。

 

ヘアサイクルというのは、髪毛が新しく生えて抜け落ちるまでの周期を言います。

 

正常なヘアサイクル

◇成長期2年〜6年間
⇒後退期2週間〜3週間
⇒休止期3ヶ月〜4ヶ月

 

このような周期で髪毛は成長して、抜け落ちていくのです。

 

全体の8割から9割の髪の毛のほとんどは成長期になります。

 

そしてAGA(男性型脱毛症)を発症してしまった男性のヘアサイクルは、この成長期が非常に短くなっていくのです。
これがAGAの症状です。

 

AGAが発症してしまった時の成長期のサイクルは、数ヶ月〜1年ほどになってしまいます。

 

それでは成長期が短くなるとどういう弊害があるのか?

 

フィンペシア,プロペシア,効果

 

通常、2年〜6年かかる成長期の髪毛が、数ヶ月〜1年ほどで成長を止めてしまうとどうなるかというと、髪の毛が細いまま、弱々しいまま後退期がきてしまいます。

 

例えば朝起きた時の抜け落ちた毛を見ると、正常なヘアサイクルだと太く硬い毛になります。

 

逆に細く短い髪の毛が抜け落ちてる場合はヘアサイクルが乱れている事になります。

 

これを髪の毛が【軟毛化】しているといいます。

 

このヘアサイクルを正常化に戻す働きがあるのが、プロペシアなのです。

 

5α還元酵素を阻害して、ヘアサイクルの正常化には必須といって過言じゃないくらい効果的だと有名です。

 

それでは薄毛が治療されたといっても、ヘアサイクルの正常化の過程でどんな風に改善したのか具体的に気になるところですよね?

 

まずプロペシアの効果は、6ヶ月以上、継続して服用する事。

 

何故かというと、有効成分がAGAの原因のジヒドロテストステロンの生成を抑制、抜け毛の進行を防いで、ヘアサイクルが整うまでには数ヶ月以上の時間がかかってしまうからです。

 

フィンペシア,プロペシア,効果

 

プロペシアをこれから使用したいと思っている方の為にも、その効果の具体的な推移として、服用期間とその効果の出方を順を追ってご説明いたします。

 

 

《3ヶ月》
□抜け毛の減少
□生え際にうぶ毛が目立ち始める

 

→この段階では個人差もありますが、まだ効果を強く実感できない場合もありますね。

 

《6ヶ月》
□うぶ毛が太くなって伸びてくる
□薄毛が目立たなくなり始める

 

→この頃になってくると、治療の効果を実感して満足度が高くなってきます。
友人から髪が増えた?と言われることがあるかもしれませんね。

 

《1年》
□抜け毛が明らかに減る
□後退していた生え際が前進してくる
□毛髪にボリュームが出てくる

 

1年経つと、治療効果がよりはっきりと実感できるようになります。
美容室などで担当から髪増えましたか?と言われるかもしれませんね。

 

2年、3年以降も使い続けるほどにプロペシアのさらにはっきりと高い改善効果が見られるようです。

 

しかしプロペシアの使用を中止すると再び毛髪が抜け始めて薄毛が進行する可能性がありますので、辞めたい時は自分判断でせずに、医師にご相談ください。